大田さんのアフィリエイト商材ブラックダイヤモンドでは
コピーライティング商材をアフィリエイトしてる記事例があります。

コピーライティング商材をアフィリエイトするときの記事例を収録していますが、
記事例と解説で取り上げているだけではなく度々、商材の中で話題にあがってます。

ブラックダイヤモンドでは大田さんは
「自分の教材で他人の商材の名前を出したくない。」って言って
情報商材の名前はいっさい言っていません。

でも大田さんがネットビジネス大百科をめっちゃ読んでいることは
ブラックダイヤモンドを見てたらわかります。

ブラックダイヤモンドだけでもそれは気づきました。
でも、バージョンアップのDeeplyではもっとそれがわかります。

ネットビジネス大百科は僕も購入して勉強中の身です。
僕も気づかなかったポイントに気づけて、そしてそれが、「人に価値を与えるポイントなんだ!」って
新たに気づきがありました。

人として興味を持たれることも、アフィリエイトで売る時も、
この気づきは役に立ちそうです。

ネットビジネス大百科のコピーライティング部門を担当した木坂健宣さんは
ネットビジネスの教祖様のような人で、
「スゴイ人」っていうのは、みんなそしてあなたも共通認識だと思います。

でもそのすごさ、その理由には、太田さんの言葉でいう「大衆脳」
考えられていることが9割ではないでしょうか。

どうしてスゴイのか?どこがスゴイのか?細かく理由を説明できる人は
数えるくらいしかいないです。(検索して調べました。)

たっくさんの情報商材を読むんじゃなくて確かな情報商材を
めっちゃ勉強することがアフィリエイトで結果を残すポイントなんですね。

僕はブラックダイヤモンドで学んでいてはじめは大田さんのことを
「木坂さん信者かな?」と思っていました。
でも今は信者とかじゃなくて「大田さんはめっちゃ勉強した人なんだなあ。」って思っています。

そのぐらい勉強してるから言葉にも重みが出てきて、
商品も売れやすくなるだと、新しい気づきです。

ブラックダイヤモンドはネットビジネス大百科との相性もいいです。
あなたがネットビジネス大百科を読んでいるなら
ブラックダイヤモンドは新しい学びと気づきが生まれる特別な商材になります。