ブラックダイヤモンドは心理学のテクニックをお勧めしていません。

ですが心理学を使ったテクニックに関心があるあなたなら
ブラックダイヤモンドの満足度はめちゃ高いはずです。

大田さんはアフィリエイトの情報発信ビジネスで
「心理学の話を安易にしてはいけない。」と言っています。

そう言う理由はアフィリエイトの情報発信で心理学の話は地雷だからです。

本で伝えられてる心理学のテクニックなんかは
そのままでは使えないことが多いんです。

その本で学んだ知識をそのまんまコンテンツにすると
大恥をかいてしまいますよ。

初心者は心理学の効果に夢をみているところがあって
心理学の情報発信は情報の発信者が初心者なことを証明するようなものと
ブラックダイヤモンドでも伝えているように感じました。

大田さんも心理学の話題を取り上げて失敗したことがあると
ブラックダイヤモンドでは伝えられています。

心理学のテクニックを使うなら、心理学の理論や概要など
説明するコンテンツを作らず、
読者さんに気づかれないようにそして
ちゃんと落とし込んで「使う」ことが大切みたいです。

初心者時代にやってしまう心理学への過剰な期待、
それを危惧して、詳しくないなら心理学のコンテンツを扱うなと
大田さんはいいます。

心理学に詳しいような言い方でコンテンツを作っていたら
より詳しい読者さんから心理学テクニックの質問がきて、
詳しく答えられなかった経験があるそうです。(笑)

でも大田さんは恋愛でも経験が豊富な人のようで
心理学だけじゃなく催眠やサブリミナル、
脳の作用などにもめっちゃ詳しい人です。

ブラックダイヤモンドの商材を見ていても
脳の専門家である苫米地英人さんの名前が何回も出てきます。

苫米地英人さんの脳の作用を狙ったテクニックがあるわけじゃないですが
(なかったはずです。)

苫米地英人さんの本をめっちゃ読んでるんだなってのが伝わってきますし、
知識の幅広さや経験の豊富さが伝わってきます。

大田さんは沢山の経験を体で覚えてきた人という印象なので
ブラックダイヤモンドで伝えられてる売るためのテクニックも
細部にわたって大田さんの神経が張り巡らされてるようです。

心理学が好きな人、心理学を使ったテクニックを求めている人、
そういう人にブラックダイヤモンドは特別な商材になるはずです。